借金の負担を軽くするなら任意整理!一日でも早い解決につながる

制限時の注意点

バッジ

信用情報の注意

債務整理には「過払い金請求」「任意整理」「自己破産」」「個人再生」と4つに分けられます。この内、任意整理と過払い金の請求は同時に行う事ができます。それぞれにはメリットやデメリットがあり、注意しなければいけません。注意点としては任意整理を行った際にはいくつかの制限が付きます。この任意整理の手続きの期間は申請をした時から数えて、負債を全て支払う間の期間を指します。まずかかる制限の1つは「5年間個人信用情報に名前が載る」状態になります。ブラックリスト状態になる為、クレジットカードを新たに作成する事やお金を借りる事そしてローンを組む事が5年間できなくなってしまいます。つまり、任意整理を行うとブラックリスト状態が解除されるまでの間、買い物をいする行う際には全て現金で一括払いをしなければいけません。その為、大きい買い物が出来なくなるなど生活に多少の弊害が及びます。もちろん現在持ってるクレジットカードでのキャッシングやショッピングもできなくなります。その他にも奨学金などの「連帯保証人」になる事もできなくなります。しかし中には特定の条件を満たしている状態であれば、借り入れを行える業者もあります。最低条件としては「20歳以上であり仕事を持っている事」「任意整理後にも遅れる事なく返済を続けている事」「必ず業者と連絡を取り合える事」などが挙げられます。これらの条件を満たしていれば借り入れ可能な業者も中にはあります。

Copyright© 2018 借金の負担を軽くするなら任意整理!一日でも早い解決につながる All Rights Reserved.